音更大谷幼稚園の『あそぶ』

音更大谷幼稚園の『あそぶ』

『遊び』とは、子どもたちがそれぞれの年齢で、今、一番やってみたいことであり、子どもの「いのち」が一番キラキラと輝くこと、といえます。

充実した今を積み重ねることで豊かな人生を送ることができるのだとしたら、子どもにとって『遊び』とはまさに、自分の人生を作り上げていく行為そのものだといえます。

そこで、音更大谷幼稚園が何より大切にしたいことは、その『遊び』に、子どもたちが主体的に取り組んでいるのかどうか、という視点です。つまり、大人の思いで与えられた遊びではなく、子ども自身がやりたいと思ってやっているのかどうかです。

心がワクワクと弾むような主体的な『遊び』に、子どもたちがどっぷりと浸かり、さらに、次へ次へと発展させていく。

私たち保育者は、時に見守り、時に寄り添い、時に刺激となり…子どもたちが『遊び』の中でいのちを輝かせ、様々な経験を通して強く優しくたくましく、生き抜く力が育っていくことを願っています。

>「たのしむ」について

>「まなぶ」について